×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

犬の白内障は目の水晶体が白く濁っていき、それによって視力が低下していく病気です。

 

白内障は早期発見と適切な措置が最も重要です。正しい知識で適切な対処をおこなうことができるよう、愛犬が白内障になってしまう前から、病状について正しい理解を深めておきましょう。

 

当サイトでは犬の白内障の治療方法や手術費用についてご紹介いたします。

犬の白内障の治療方法

犬も腰痛、関節痛、椎間板ヘルニアといった人間同様に骨や関節の病気を患う可能性があります


犬の白内障治療の必要性

犬の白内障は命を脅かすまでの恐ろしい病気ではありませんが、矯正視力が0.5ぐらいになると手術を検討することもお勧めいたします。
もちろんそれより早く手術を受けられる分には全く問題がありません。その理由は2つあります。

1、早期であるほど手術しやすいから

早期であればあるほど手術がしやすいので、結果として成功率が高くなります。
昔は進行すればするほど手術がやりやすかったので、そのことを未だにおっしゃる患者さんがいらっしゃいますが、
今は全く逆です。

2、急に進行が早まることがあるから

白内障はあるところから急に進行することがあります。極限まで進行すると、水晶体が膨らんでいき、急性緑内障を引き起こすことがあります。
(膨らんだ水晶体が隅角部を圧迫し、線維柱帯から房水が出れなくなって眼圧があがってしまう状態です)

ただし、高齢で手術が難しい場合などには、サプリメントの摂取によって症状を遅らせる又は改善を図る手段もなるべく早い段階で対処してあげることが重要になります。


高純度プロポリス配合。犬の白内障のプレミアムサプリメント

こだわり抜いたワンランク上の犬専用プレミアムサプリメント。あなたの家族を守りたいから・・・。選び抜かれた原料と安心の製法で犬のためだけにこだわり抜いて作りました。ご注文はワンランク上の最高級犬専用サプリメントをご覧ください。

▼コンテンツメニュー

 





犬の白内障の治療方法とサプリメント

 

犬の白内障

犬の白内障の治療方法